よくわかる慣性モーメント

微分積分学

微分積分学一覧

next up previous


next up previous

微分積分学記事一覧

一変数関数の積分

(1.1)を不定積分、(1.2)のほうを定積分といいます。最初の部分にでている“”はインテグラルといい積分そのものを意味します。が被積分関数でありはこの場合で積分しなければならないということを意味しています。

≫続きを読む

 

重積分

形としては次のようになります。

≫続きを読む

 

2重積分

慣性モーメント,計算方法,ヤコビアン,微分積分,重積分,棒,長方形,直方体,円盤,円輪,円柱,半球体,くり抜き円盤 重積分−考え方とその手順積分の式においての微小面積要素は全セクションにおいて示された極座標とデカルトの2種類が挙げられ、どちらを使って求めるかは求める面積の形によってうまく使い分ける必要があります。こうしたことを前提に、次に示される図形の面積を二重積分の式を使って求めてみましょう。まず求める積分領域...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 微分積分学 ヤコビアン 質点系と剛体の力学 平行軸の定理 慣性モーメントの計算